25
2016

☆ペン職人独立のお知らせ☆

日興エボナイト製造所が「万年筆事業」をはじめた当初から、
尽力し貢献してくれた弊社のペン職人が、

この夏、
日興エボナイト製造所を退社し、
自身の工房を立ち上げることになりました。

新工房では、
各種筆記具の修理、小ロットの製作(業者様向け)を行います。
もちろん、笑暮屋の製品作り・修理も引き続き行います。


ペン職人は、
物心ついたころから万年筆が大好きで、
愛用しながら研究してきました。

弊社に入社する直前には、
あらゆるメーカーの万年筆を、アンティークを中心に修理業を手掛けるほどでした。

その膨大な知識は、入社してからのろくろの修行にも活かされ、
ありえないスピードで、師匠の職人から技術を習得してきました。

また、修理の技術については、
当ブログの
「万年筆修理日記」を見ても明らかです。
  →カテゴリーの「万年筆修理日記」をクリック!l

笑暮屋の認知度が、
国内だけでなく海外にも広がりを見せ、製品づくりが中心となり、
なかなか時間を割くことが難しくなってきた修理のお仕事も、
新工房で受け付けることになります!

修理業務は、お客さまより新工房へ直接ご相談いただくこととなります。
新工房の業務開始の目途が立ち次第、
修理受付のホームページなど、
新工房について笑暮屋からもご案内いたしますので、
みなさまどうぞ期待ください!!

※※※
笑暮屋の修理受付中止以前にご予約いただいた、他メーカー品修理のご依頼は、
新工房に引き継がれます。
また、すでに多くのご予約を承っておりますので、
新工房の修理受付開始後も、かなりの順番待ちが予想されます。
この点につきまして、予めご了承くださいませ。
(笑暮屋製品につきましては、窓口は笑暮屋ですが、修理はペン職人が担当いたします。)
※※※

尚、笑暮屋の製品づくりの体制をよりパワーアップさせるために、
現在、中長期プロジェクトが進行中です。
こちらも合わせてご期待ください!!
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment