FC2ブログ
22
2013

ペン職人だより~ オノト型のご紹介

CATEGORY商品情報!
3 sizes of Onoto type 2

首都圏でも雪が降ったり、それが又しばらく溶けずに交通を乱したりと、
何かと悩ましい季節ですね。

昨年末の記事でも触れました、弊社のオノト型。まだネットショップでも
写真を本格的に載せていないので、今回は是非これらをご覧頂きたいと思います。
上の3本とも形見本で、エボナイトを削ったまんまの状態です。
だもんで粉末状のエボナイトがまだびっちりこびり付いている有様でして、
少々見辛いかも知れません。
左から(太さ)12mm、15mm(前回ご紹介)、そして最大の18mm軸です。

基本、インク止め式なのですが、細軸を中心にたまにカートリッジ式のご注文も
あります。でもコレ、カートリッジが生まれるより遥か昔のデザイン&設計なので、
カートリッジ・コンバーター両用式とするには、首軸を開け閉めするネジの位置を
変えたりと、少々厄介です。

DSC_0082.jpg

一方、こちらは在庫の製品です。カラーで研磨後だと、かなり違った印象を
与えます。柄の色は左から薫風、江月、そして限定の桜霞です。

3 sizes of Onoto type 4

おまけにも一つどうぞ。

DSC_0067.jpg

非常にマニアックな製品ですが、本家のデ・ラ・ルー社製ONOTOを始め、
戦前の日本のメーカーはこぞってこのデザインでインク止め式を作ってきた為か、
なかなか根強い人気があります。竹型と同様に外形加工がやや難しく、それが
お値段にも反映されてしまいますが、実用+α の魅力がありますよ。
よくイベント等で、「あっ、オノトだ」と何気なく手に取るあなた!
かなりの通(つう)とお見受けしました(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment